生産技術

徹底的に合理化された生産ラインから、
期待を超えた「アセンブリー製品」は生まれています。

徹底的に合理化された生産ライン

モノづくりの歴史は、合理化の歴史と言ってもよいでしょう。FUKAEの70年も、合理化の連続でした。

その一つの転機となったのが「アセンブリー製品」への取り組み。これまでお届けしていたパーツを、より製品に近い「ユニット」として提供することにより、お客様の品質管理と輸送のコストを大幅に削減することに成功したのです。

これにより進化してきたのが、FUKAEの生産技術です。徹底的に合理化された生産ラインからは、今日も高品質のアセンブリー製品が生まれています。

01

自動化装置

プレス加工のページでもご説明したように、自社で開発した各種自動化装置を駆使して、作業の効率化を図っています。
その一例が「自動箱入れ装置」です。高速順送プレス機で加工された製品を金型から自動的に取り出し、箱入れまでを全自動で行うことができます。

02

単発加工のロボット作業

単発プレス加工の現場では、これまで人の手を借りた生産が常識となっていました。FUKAEはこの分野にロボットを導入。プレス機と自社で開発したロボットとを組み合わせ、大幅な効率化・省人化を実現しています。

03

積層コア生産用コントローラ

高速順送プレス機で生産される、積層モータコアを制御するコントローラも自社で開発しました。FUKAEのコントローラは、お客様にもご好評をいただいており、多くのお客様に使用されています。

04

モータコア専用自動溶接機

モータコア専用の溶接機も自社で製作しました。ストレート溶接からスキュー溶接まで可能となっています。「お客様からのご要望には必ずお応えする」。それがFUKAEのポリシーです。

05

カシメ装置&自動積厚測定装置

順送プレス機で加工されたモータコアを再度カシメる装置です。さらに、積厚を自動で測定し・判別する装置も自社で開発しました。
FUKAEは「よいものだけを、低コストで、お客様にお届けする」ことを使命としています。

カシメ装置
自動積厚測定装置

06

トランスファ加工

構造用炭素鋼管材を潰し・穴抜き・コイニング・ピアス・トリムと8工程を一台のプレス機械内に配列しプレス本体と同期した搬送機構で自動加工できる金型を優れた生産技術力で構築し品質・生産性の高い加工を行っています。

07

組立加工の自動化

製品を生産するプロセス、品質・作りやすさ・効率化を組立作業に追求し、深江工作所の生産技術力を示す事の出来る自動機です。
組立・スポット・カシメ・検査・パレタイズと顧客ニーズに応えています。

製品紹介